香川県に来たらぜひ行ってほしい!おすすめスポット3選

四国の玄関口である高松

香川県の県庁所在地である高松市は、新旧が交錯する四国の玄関口として栄えています。季節の移ろいを感じる風雅な大名庭園である栗林公園は、国の特別名勝にも指定されています。また源平合戦の舞台にもなった屋島など、歴史を感じさせる観光スポットが点在します。その一方で、近年の再開発エリアも観光名所として大勢の人が訪れます。高松港周辺のウォーターフロントには、大型ホテルやシンボルタワーなどが立ち並んでいて、高松市の新しい観光スポットとして注目されています。

こんぴらさんで有名な琴平

風光明媚な風景で有名な瀬戸内海を望む丸亀平野。その丸亀平野の西端に位置するのが琴平地方です。ここ琴平には「こんぴらさん」と呼ばれる金刀比羅宮があり、古くからの海の守護神として昔も今も庶民の信仰を集めています。そして琴平の門前町では、大勢の参拝客でにぎわっています。門前町の周辺を歩くと、讃岐琴平の歴史に触れることができます。そして、この地方ならではの食文化を存分に味わうことも可能です。

オリーブで有名な小豆島

香川県といえば小豆島の存在を忘れてはいけません。瀬戸内海に浮かぶ小豆島は周囲約125kmを誇り、島の面積は瀬戸内海では兵庫県の淡路島に次ぐ広さを誇っています。小豆島といえばオリーブ茂るリゾート地として有名であり、オリーブに関する施設が数多く存在します。そして小豆島の美しい自然地形は映画の舞台にもなっていて、その関連施設はどこか懐かしい雰囲気を醸し出しています。1年を通じて穏やかな気候と豊かな自然に恵まれているので、観光しやすいエリアでもあります。

ヤートラルート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です